読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

This is the day

レビューを書いて文章力をあげたいという甘い考えの産物です。

女学生

女生徒 (角川文庫)

女生徒 (角川文庫)

最高です。

男に、こんなに女の気持を悟られたくない。
ので、少しムカつくぐらいです。

読み始めたときも、すごく自分の思いをえぐられるようで、憤慨して「女を穿ってみてるんじゃねーよ!!」とも思ったりしましたが、読めば読む程、女心を上手く捉えているということを認めざるをえません。

どの短編もいいけど、わたしは「おさん」と「女生徒」が一番良い。
「おさん」は、女心を本当によくとらえてると思う。
最後のほうのあきれてる感情とか、すごくいい。
あんまり言うと、ストーリーがばれちゃって、それはそれでつまらないので、この辺で。

あと、「女生徒」は昔、自分が中高生だったころのいじけた気持を思い出す。
成長中で、頭のなかではどうしようもない思いがうずまいて、
キレたり、謝ったり、悩んだり、かと思えば楽観的になったり、
感情の玉手箱だったな。

当時は辛かったけど、今思えば、とても必要な体験だったと思う。
そういう時期があって、初めていろんなことを俯瞰してみたり、客観的にみたりできるようになったような気がするんだ。

というわけで、自分の若い時の思いを思い出したい人や、女心を知りたい人にお勧めです。