読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

This is the day

レビューを書いて文章力をあげたいという甘い考えの産物です。

近代性論再考

近代性論再考―パーソンズ理論の射程 (SEKAISHISO SEMINAR)

近代性論再考―パーソンズ理論の射程 (SEKAISHISO SEMINAR)

面白くなかった!!笑

最悪!!

でもまぁせめて面白いところをあげるとすれば。

パーソンズは、「近代」に内包されているものを宗教・医療・家族といった側面から上手く生み出した、ということでしょうか。
ナチズムを起こすような「不安定要素」が近代の社会の中にはあるということ。
近代の中に、そういった、「逸脱」の要因を探った。

例えばナチズムであれば、社会の合理化の中で意味の空白化が置き、その「意味」を付与するために非現実主義が表れた、とか。

家族のとこでは、
近代は、業績原理と帰属原理という矛盾を孕んでいる
ということが主張されてたし。

というか、もうはっきりいって、パーソンズを読んだ方が早い気がする…笑

ともかく。もう一回読んだら意味がわかるのかもしれませんが、そんな暇と余裕ないです、ごめんなさい汗