読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

This is the day

レビューを書いて文章力をあげたいという甘い考えの産物です。

海炭市叙景

海炭市叙景 (小学館文庫)

海炭市叙景 (小学館文庫)

読みにくくてしょうがないんですが、気がつくと、ものすごーく引き込まれています。
読みはじめが、なんだか読み飛ばしたくなるくらいなのに、最後の方は、一文字も読み飛ばせなくなる。

函館市をモデルにしている話とあって、北海道のことをしっている私はとてもイメージがつきやすいですけど、別にしらなくても、どこかの海沿いの、元炭坑の街なんか想定すればいいと思うのです。

著者佐藤泰志は自殺してしまい、実はまだ未完だという話もあるようですが、著者は、一人一人の登場人物に対して深い愛を抱いていると思います。だから、すごくムカつく人や、すごく嫌な人もいるのに、嫌悪感は抱かず、むしろ狂ったような人にさえ共感してしまう。

人って、いろんな側面があって、誰にどの側面を見られているかは異なる。だから、やっぱり最悪なひとも最高なひともいない。ただどういう側面からみるか、だけ。
ただ、人間って不器用だから、自分のよいところを人にみせることができないんだよなぁ…

ともかく、なんだか共感する本でした。読んでしまうとなかなか世界から抜け出せないし、なんだか明るい気分になるハッピーエンドではないんですが、でもでも、けっして、暗い気持になったままということでもなく、私はすっきりしました♪