読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

This is the day

レビューを書いて文章力をあげたいという甘い考えの産物です。

現代の戦争報道

現代の戦争報道 (岩波新書)

現代の戦争報道 (岩波新書)

先日も、ジャーナリストがデモに巻き込まれて亡くなったばかりだ。

ジャーナリストの中には、本当に不幸にも亡くなってしまうケースもあれば、「ジャーナリストを狙った」犯罪によって亡くなってしまうこともある。

前者はいいとしても、後者はなぜ殺されるのか。
それは、ジャーナリストが、戦争報道においてカギを握っているからである。

ジャーナリストは、多くの場合「事実」を報道する。
が、その「事実」が間違って認識されていたり、
様々な圧力によって「事実」がねじ曲げられてしまったり
もしくはその「事実」の解釈の段階で齟齬が生じることもある。

そしてその「事実」が大衆にわたった時に、彼等がどのように解釈するのか、という問題もあるだろう。

そういったなかで、「戦争」は、当初の姿から、どんどんと姿を変える。
なんて恐ろしいんだろう。

一番恐ろしいのは、報道をしている側が「これは真実である」という自信を持ってしまうこと、
そして、観ている人々も「これが真実だ」と信じ、それを否定することを許さない空気を作ってしまうことである。
これは、実はイラク戦争の際に、現実となってしまったのだが・・・。

この本では、何度も「戦争の最初の被害者は”真実”である」という言葉がでてくる。
これは、今述べてきたことを凡て包括する言葉だろう。

今一度「民主主義」について考えてみる必要があるのかもしれない。
一歩間違えると、愚衆政治となってしまう恐れもあるのだから。