読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

This is the day

レビューを書いて文章力をあげたいという甘い考えの産物です。

日本の医療崩壊を救う「地域医療経営」―ニュージーランドの医療革命に学ぶ

日本の医療崩壊を救う「地域医療経営」―ニュージーランドの医療革命に学ぶ

日本の医療崩壊を救う「地域医療経営」―ニュージーランドの医療革命に学ぶ

すごく面白かった。
最初はちょっと小馬鹿にしてたんだけど、読めば読むほど、良い本だな、って思いましたよ。
日本のことに関する分析は、まぁそんなもんだろうという感じだったけど、
ニュージーランドの事例はすごく面白い。

やっぱり、医師一人一人からみると、
IT化っていうのは、必ず有益じゃないんだよね。
お金もかかるし、煩雑だし。
だけど、全国や地域という単位でみると、IT化がもたらすかもしれない
利益っていうのは決して小さくない。

だから、やっぱり地域レベルでの連携が必要なんだよね。
ただ、今の日本でそれはやるのは・・・けっこう難しいと思う。
大きい病院は私立だったりするから、行政で管理するのも難しいよね。

ニュージーランドは、医師や利益を有する企業とかが一緒に出資して会社を作ってる。
そういう会社は、海外にも進出してる。
これってすごいよなー。

日本がそっくりそのまま真似をするのは難しいと思う。
ただ、この本は、そういった「日本への適応」を行政の責任にしてる(?)感じがして
それもまた無責任なことだとは思う。

論文程度ならまだしも、本として出版するなら、「自分の考え」をもっと提示してほしい。

ともかく、地域医療を考える上では示唆がある本でした。